海外製DAVIDとワンステップ排卵検査薬クリアの徹底比較

排卵検査薬

 

この記事は

・DAVID排卵検査薬とワンステップ排卵検査薬クリアどちらを購入しようか迷われている方
・二つの種類の違いに興味がある方
・現在どちらか一方を使っているが、変更してみたいと考えている方

向けの記事になります。

妊活中の筆者が実際にDAVID排卵検査薬とドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬クリアを使って比較した結果を、写真付きで書きたいと思います。

また、この記事の後半に、両者の詳しい比較表を作成しました。

筆者も今では排卵検査薬歴は長くなりましたが、使い始めた当初は排卵検査薬について検索魔になっていました。

ホルモンに関しては個人差が大きく、筆者の結果が全ての方に当てはまるわけではないということを前提にどなたかのご参考になればと思います。

既に検査薬をお使いの方向けも考えてかなり細かく書いてしまったので、数十秒以内に読みたい!という方や結論だけ知りたい!という方は、目次からメリットデメリット比較表に飛んでください。

まずは、排卵検査薬の重要性を少しだけ書きたいと思います。

排卵検査薬の重要性

どれだけ生理周期が一定という方でも、生理開始日や排卵日、2-5日程度はずれると思います。

このたった数日のずれ・・妊活においては重大事項ですよね。

生理周期が安定的に一定な筆者も、排卵日が予定より4日程度早くなることもあり、クリニックで排卵確認のために指定されていた日には既に排卵後だったという経験もあり、自分で排卵予測ができる排卵検査薬の重要性を強く感じていました

この記事では詳しくは書きませんが、産み分けにチャレンジしたい方は、排卵日の2、3日前を把握したいですしね。

この記事にきてくださった方は、既に排卵検査薬には何種類もあることをご存知だと思いますが、

排卵検査薬はどれでもいいかというと、そうではありません。

感度、品質(安心面)、そしてサポート面が違います。

 

排卵検査薬は何を優先するか(値段なのか、安心できるものを買いたいのか、感度なのか)を考えて購入するのがいいと思います。

 

DAVIDとワンステップの感度の違い

この記事にきてくださった方は、既にDAVIDとワンステップにご興味がある方だと思いますので、主にその二つを中心に日本製のと比較した表だけ示したいと思います。

以下はワンステップ排卵検査薬クリアの販売元サイトである妊娠お助け隊HPを参考に表にしたものになります。

各排卵検査薬の感度の違い

排卵検査薬の種類と違い

 

ワンステップは業界トップクラスの感度で、その次にDAVIDが感度が高いです。ちなみに、wondfoもDAVIDと同等の感度になります。

以下にワンステップ排卵検査薬販売元HPから引用しますが、とにかく感度がトップクラスだ!というのがワンステップのウリの一つですね。

ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬で使われている検知センサーは品質で世界トップといわれるイギリスのメーカーのものを採用。
このセンサーは世界各国の産婦人科で使用されています。

引用元:排卵検査薬・妊娠検査薬の専門店 妊娠お助け隊

価格に関しては、日本製のドゥーテストやチェックワンは数百円ですが、海外製は数十円です。

それでは、DAVID排卵検査薬とワンステップ排卵検査薬を同時に使った結果について詳しくみていきたいと思います。

DAVIDとワンステップの使用結果比較

ワンステップもDAVIDもパッケージの裏面には使用法として、3秒尿に浸すように書いてありますが、ワンステップの販売元の説明書にはより正確な判断のために「3秒ではなく10秒浸す」と書いてあります。

なので、

私は今回、DAVIDもワンステップもどちらも、吸収体の線よりちょっと下になるくらいまでを10秒浸し、5分後に結果を見るという方法で行いました(※)。

※以下にのせる排卵検査薬は数日後の写真になりますが、今回の場合、5分後の結果と数日後の結果でほぼ変わりがありませんでした。しかし本来は5分後の結果は無効で5分後以降に結果が変化する場合もあるかと思いますので注意が必要です。

 

まず両方の結果を並べて載せます。

一点、注意して頂きたいことがあるのですが、「判定線が出たら濃くても薄くても陽性と判断」というワンステップ排卵検査薬クリアでも、私の場合陰性であろう日も判定線が出てしまっています。これは、このサイトの別記事を参考にして頂きたいのですが、結論的には私の尿中感度が元々高めであることが原因です。

ワンステップとDAVID排卵検査薬の結果を並べた写真

結論的には、どちらを使っても結果は全く同じに見えます

比較についてはあとでもう少し詳しく行うとして、まずはこの周期の結果についていつ排卵したかも含めて見ていきたいと思います。

10/7はD11にあたり、普段D14くらいで陽性になる私にとっては、陽性になるはずがないと思っていた日でした。

10/7の濃くでやすい朝一が陰性でしたが、9:30は明らかに陽性。

その後数時間おきに2回検査しましたが、その後は陰性。

20:30になると陽性だと判断できる濃さになり、その後の検査結果からも、LHサージがスタートしたのが分かります。

つまり、9:30は一瞬だけLH分泌量が上がったようです。

これは、ワンステップ排卵検査薬の販売元の妊娠お助け隊HPにあった、こちら↓の現象があったのではないかと思っています。

LHサージ前に一瞬LH分泌量が高まった場合を表した図

出典元:排卵検査薬・妊娠検査薬の専門店 妊娠お助け隊

 

図の縦軸がLH量、横軸が生理開始後の日数ですが、「実際のLHサージがある数日前に一瞬LHが上がってしまう場合がある」、ということを示しています。

あくまでもこちらは、こういう場合もあるという例です。

私の場合、一度10/7の朝濃くなるもその後陰性になり、再度翌日の10/8にはっきりと陽性になったので、実際のLHサージよりも少し早い数時間前に一瞬LHが上昇したと思われます

今回のようなことはトータル2年以上海外製検査薬を使ってきた私でもあまりありませんが、陽性になったと思って、検査をやめてしまうのは危険だなと思いました。

一瞬上がってしまうのが排卵日のもっと前かもしれませんからね。

 

で、私の実際の排卵はいつだったかですが、

10/10の14:30に念のため病院でもエコー検査で診てもらったときにはまさに排卵直後と言われ、10/9の深夜から10/10の朝にかけて排卵したのは間違いないとのことでした。

つまり、陽性になり始めたのが10/7夜で、10/9深夜から10/10の朝までに排卵したということになるので、

ワンステップでもDAVIDでも、排卵日の2日前を把握できていたということになります。

 

DAVIDとワンステップに違いはあるのか?

ここで、スクロールがご面倒だと思うので、もう一度結果の写真をのせます。

DAVIDとワンステップの結果の比較

先述しましたが、御覧のように、両者の排卵検査薬の結果はほぼ同等でした

個人差がある可能性がありますので、あくまでも筆者の場合は同等ということになります。

以前の記事にも書きましたが、ワンステップはLH検出感度が業界No.1クラスの20mIU/mLで、DAVIDは25mIU/mLです。

ワンステップもDAVIDもどちらも感度がかなり高いものなので、恐らく同様の結果になったのだと思います。

ただし、検査したタイミングによっては、もしかしたらワンステップの方が早く陽性になるポイントがあったかもしれません

 

結局この二つの排卵検査薬に違いはあるのか?というところですが、

個人的には、どちらかといえば、DAVIDの方が結果が見やすかったと思っています。

写真を見てお分かりのように、DAVIDはワンステップより全体的に若干濃いめなので陰性の場合でも陽性?と思ってしまうときもありますが、

LHサージが起こるときはかなり濃くなってくれるので、見慣れている場合は陰性を陽性と間違えることはありません。

 

以下に、【尿から取り出して数秒後の写真】ものせてみます。

明らかに陽性になった日(10/8)は、トイレ内にいるときから、「お!濃くなってきた!」というのが分かります。

一方、陰性の日(10/9)は、トイレ内にいるときはうす~く、数分後に若干色がつくという感じです。全然違いますよね!

尿から取り出して数秒後のDAVIDとワンステップ排卵検査薬

 

先ほど、DAVIDの方が見やすい、とは書きましたが、

両方を比較してどちらかといわれればDAVIDの方が見やすいというだけで、正直、両方とも結果は分かるので、どちらでもいいと思います

そして、元々尿中LH濃度が高い私には当てはまりませんでしたが、本来、ワンステップの方は、陰性と陽性が判定しやすい商品です。

又、排卵が終わっているのに、排卵後にも残っているLHのせいで偽陽性が出てしまう場合があるそうですが、ワンステップは排卵後のLHは検出しないメカニズムを採用しています

私はワンステップの良さを引き出せないユーザーだったと思われますが、私のようなタイプがどれだけいるか分かりません。

 

結局どちらがいいの?メリット/デメリットの比較

ここまでいろいろ書いてきましたが、私の思うメリットデメリットを表にまとめました。

ワンステップ DAVID
メリット ・感度が業界No.1クラス
・陽性判定がしやすい(私のようにもともとの尿中LH濃度が高くて当てはまらない人もいる)
・排卵後の偽陽性が出ない
・初心者は安心。(製品に同封されている説明書も6pにわたって細かく書いてあり分かりやすく販売元の電話対応も親切)
・90日間全額返金保証あり
・判定結果が濃い
・安い(例えば、55本買って2880円)
・早期妊娠検査薬と好きな比率で注文可
デメリット DAVIDより高い。(例えば、50本買って4300円+860円送料)

※200本買えば13800円で送料も無料

・同封説明書は紙1枚で検査薬初心者だと不安を感じる。専門家ではなさそうな人が説明書を書いているのだなと感じる。
・パッケージが若干開けにくい。
・販売元に相談とかできない?(少なくとも電話番号とか問い合わせ先が見当たらない)
・返金保証なし

 

上記の比較表を基に考えると、個人的には、

排卵検査薬使用経験がある方、タイミングの取り方について正確な知識を既にお持ちの方、とにかく価格の安さを求めたいという方はDAVIDがおすすめ
排卵検査薬初心者の方、少しでも早く陽性を知りたい方、判定がしやすい方がいい方、擬陽性がでるなど不安に思いながら使うのが嫌な方などは、ワンステップ排卵検査薬クリアがおすすめ

 

とにかく、一つ言えるのは、不安に思いながら使うのは勿体ないので、不安に思いながら使いたくないという場合は、最初からワンステップにされた方がいいと思います。

 

さいごに

妊活中の筆者がとある周期にDAVIDとワンステップ排卵検査薬を使った結果、ほぼ同じという結果となりました。

かといって、冒頭で述べたように、

ホルモンには個人差が大きいので皆さんも同様の結果になるかは保証がありません

もともとの尿中LH濃度も違いますし、LHサージの上がり方も違います。

筆者の場合はたまたま両方同じ結果ではありましたが、これが毎月そうなのかどうかという保証もありません。

筆者はDAVIDとワンステップどちらの排卵検査薬にしようかと迷って今回だけダブル使いし、結局同じ結果ではあったのですが、迷った結果この周期以降ワンステップの方を使い続けています。

普段はとにかくコスパ重視なので今回の結果受けて少しでも安くDAVIDでいいかなと思ったのですが、毎周期何があるか分からないので、なんとなくの安心感のためにワンステップにしました

なんとなくの安心感というのがどれほど重要かは分かりません。

何を優先するかなど、人それぞれですので、どちらにしてもいいと思いますし、筆者のように1周期だけダブル使いして判断されてみてもいいのかなとも思いました。

DAVIDは11本(720円程度)や22本(1320円程度)という少ない単位で買えちゃいますから。

 

DAVID検査薬はこちらから購入しました。
「最安値保証」排卵・妊娠検査薬はbaby832.com
ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬クリアはこちらから購入しました。
このサイトは排卵検査薬についての勉強にもなります。
排卵検査薬・妊娠検査薬専門店妊娠お助け隊

 

DAVIDは中国から、ワンステップはアメリカからの発送で、どちらも2週間弱かかるので、間に合わなかった!という事態にならないように気を付けてくださいね。

排卵検査薬は地味な作業ですが、検査薬をもうやらなくていい日を目指して、がんばりましょう!

こちらのサイトは排卵検査薬だけでなく、妊活関連記事を書いていますので、ご興味あればご参考にして頂ければと思います。

コメント