妊娠率が向上するともいわれる卵管造影検査に痛くない方法はないのか?

その他妊活情報

 

筆者は数年前に卵管造影検査を受け、あまりの痛みで悶絶した経験があります。

あとあと書きますが、何も感じなかったという方もたくさんいますし、少しだけ痛かったという方もいますし、私のように激痛だった人もおり、全ての方が痛いわけではありません

今回、筆者は二人目妊活のために二度目の卵管造影検査を行うか迷い、卵管造影検査で痛みを感じたのはなぜなのか、痛くない方法はないのかという観点から調べたことを筆者の経験談や感想と共にまとめました。

また、これらの検査をすれば、妊娠率が上がるとも言われていますが、実際どうなのかというところは気になるところで、そちらに関しても調べたこと書いていきます。

※医師が監修したものではありません。妊活経験者である筆者が調べたことや考えたことを筆者の経験も交えながらまとめました。何か気になることがあれば、かかりつけ医の先生に聞いてみてください。

 

 

子宮卵管造影検査(HSG)とは

簡単な説明ですが、

この検査はその名の通り、造影剤を使って子宮内腔の状態と卵管の通過性を調べる検査です。

子宮奇形やポリープ・筋腫などによる変形、子宮腔内の癒着、卵管閉塞、さらには、卵管や子宮周囲の癒着の有無などが推定できます。

非常に弱いとはいえ放射線を利用した被ばくを伴うレントゲン検査です。

超音波を利用した造影法もあるようですが、精度は落ちるとのことで、ほとんどの病院で放射線を用いた検査となっています。

検査を行うことができるのは、月経が終わってから排卵までの間です。

(受精卵がある/妊娠が成立している場合はやってはいけない検査なので、やむを得ず排卵日付近や排卵後にやる場合は、夫婦生活は避ける必要ありです)

 

痛みを心配する人が多い

この「卵管造影検査」をネットで検索すると、次の検索ワードとして「痛い」という言葉が候補として出てきます。

それだけ、痛みを心配されている方が多いということですね。

ただ、結論からいえば、他の方の感想を見たり聞いたところであまり意味がないと思います

一言で言ってしまえば「人それぞれ」だからです。

(とはいえ、調べてしまいますよね。)

 

冒頭に書いたように、筆者のように激痛だった人もいれば、軽い痛みで済む人も、全く痛くなかったどころか何も感じなかったという人もいます

なので、激痛だった筆者が言うのもなんですが、これから受ける方は、先入観なく受けられた方がよいのではないかと思います。

 

痛いかも痛いかもと、緊張したりして身体がこわばったりすると、本来痛くなかったかもしれないものも、痛くなってしまいそうですよね。

 

痛みを感じるポイントは?

ちなみに、痛みを感じるとしたら、その痛みを感じるポイントは3つ考えられるようです。

①造影剤を入れる管を子宮口から子宮内に入れるとき

②子宮内でバルーンを膨らませるとき(これをしない方法もあるようです)

③造影剤を流すとき

 

このように痛みを感じるポイントは複数考えられるため、痛い=卵管が詰まり気味というわけではないようです

ですので、筆者もどの工程で痛かったのかは定かではありません。

筆者の卵管が若干詰まり気味で、造影剤を流すときに痛かった可能性もあれば、子宮内でバルーンを膨らませたときに痛かったのかもしれません。

筆者は普段から痛みに弱く、すぐに鎮痛剤飲むタイプなので、極めて痛みに敏感だったという可能性もあります。

あれだけ痛い思いをした検査でも「問題なし」という結果であったため、主治医に聞いても、どこが痛みのポイントだったかは推測の域を出ません。

以前、SNSで様々な方の卵管造影検査の感想を見ていて驚いたのは、片側が完全に閉塞していたのに、全く痛みがなかったという方もいたことです。

 

 

痛くない方法は無いのか?

いろいろ調べてみると、

子宮内に入れる管の材質や、バルーンの膨らませ方(あるいはバルーンを使わない方法)、造影剤の注入スピード等で、

痛みは軽減できるようです。

いくつかの病院のページや先生方が書かれているブログ等を見ても、やはりきちんと痛み軽減策を取れば、痛みを軽減できるというのは事実のようです

 

どの医療機関も何らかの痛み対策はしていると考えられ、HP上に「造影剤の注入速度を機械で調節し痛みを最小限にします」などの対策を書いている医療機関も多い気がします。

これから受ける方は、先生に「痛みがとても不安なため、なるべく痛くないようにお願いしたいのですが」と相談してみてください。

 

敢えて痛いようにする先生なんていないので「痛くないようにしてください」とだけ言うのは若干気まずいかも?

 

ちなみに、念のため書いておきますが、癒着等で詰まってしまっている場合はそもそも造影剤の圧力だけで開くことはできないそうです。

粘液等で若干詰まり気味という程度であれば、この検査によって通りが良くなる可能性があるということだそうです

 

 

子宮卵管造影検査後は妊娠しやすい?

卵管造影検査後は、数カ月間妊娠しやすくなるといわれていて、その期間は「ゴールデン期間」とか「ゴールデンタイム」と呼ばれていますよね。

大体6ヶ月くらい、特に検査後の3ヶ月が妊娠しやすいといわれています。

ただ、調べてみると、「妊娠しやすいという根拠はない」と書いている不妊クリニックの先生もいました。

はっきりは分かっていないということでしょうか?

ちなみに筆者がかかっていたクリニックの先生のお考えとしては、

「若干の詰まり気味が解消されたという場合に限り妊娠率が向上するケースもあるが、そればかりがクローズアップされ、卵管造影検査=誰しもが妊娠しやすくなると思われてしまっているのではないか」

ということでした。

自分が妊娠率が向上するケースに当てはまるかもしれませんし、期待してしまいますが、卵管造影検査はあくまでも子宮や卵管に問題ないかを調べる検査だという認識のもと受けた方がよさそうですね。

 

筆者は一人目妊活のときに、子宮卵管造影検査後4回AIHを行いましたが授かれず。その後通院をやめ自然妊娠しましたが造影検査から7カ月目でした。

 

ちなみに、余談ですが、山形県の国井クリニックのページに書いてあることが個人的にとても興味深かったです。

検査対象数が書いていなかったので、確率だけを鵜呑みできないと思いますが、

卵管通過性検査(造影検査とは別の通水検査というもの)や卵管造影検査をやって、

片側しか通過性が確認できなかった人も、両側ともに通過性が確認できた人と妊娠率は同じだった

ということです。

 

皆さんご存知のように、排卵は右か左のどちらか一方の卵巣から、一つだけ排卵します。

なので、片側が詰まっている人は妊娠率が下がりそうですが、そうではないという結果になっています。

片方がつまり気味でも、妊娠できる可能性は十分にあるということですね!

 

 

まとめ

今回、子宮卵管造影検査でなぜ痛みを感じるのか、痛くないようにする方法はあるのか、さらに、妊娠しやすいというのは本当なのかを調べたことをまとめました。

痛みを感じるポイントは、造影剤を流す管を子宮内に入れるとき、子宮内でバルーンを膨らませるとき、造影剤を卵管に流すときの3つあるようです。

完全に閉塞していた方でも全く痛みを感じない場合もあれば、筆者のように一見問題がなかったのに激痛だった場合もあります。

 

痛かった場合、どのポイントで痛かったは推測の域を出ません。

 

とはいえ、痛かった人の中には、卵管が若干詰まり気味だった場合も含まれると思いますので、そのような場合は、検査したことで卵管の通りがよくなった可能性もあるのではないかと思います。

 

そもそも検査前の時点で卵管には問題がなかった人も中にはいると思うので誰しもが妊娠率が向上するわけではなさそうですが、

この検査を受けることで、以下のどれかしらが当てはまるかと思います。

・問題が発見され、妊娠に向けた次のステップに進める

・問題がないと分かれば、他の不妊の原因を探ることができる

・詰まり気味の卵管が造影剤により改善されて妊娠率が向上する場合もある

 

そういった意味で、

子宮卵管造影検査は、妊娠への近道と思って受けた方がいい検査といえますね。

勿論、人それぞれ状況が異なりますので、実際にこの検査を受けるべきかどうかは主治医の先生のご判断になります。

 

 

子宮卵管造影検査を再度受けるかどうか(筆者の場合)

つい先ほど書いたように、子宮卵管造影検査はやった方がいいと書いた筆者ですが、この検査は受けないことに決めました。

筆者👩「私、この検査を5年前にやったときにすごく痛くて、また痛くないかすごく不安です・・」

先生👨‍🔬「じゃ、やめましょう!」

筆者👩「え?5年もあいてしまうとやった方がいいんじゃないですか?」

先生👨‍🔬「勿論、1年以上あけばやることをおすすめしますが、そこまで不安に思っている中でやるのはよくないと思いますよ。体外受精に進むならば、この検査はあまり必要ないですしね」

👩「でもこの検査することで自然妊娠率が上がる可能性もありますよね?」

筆者👨‍🔬「上がる可能性を考えて数カ月タイミングを試されてもいいですが、〇〇さんの年齢で、早めに授かりたいという思いがあるなら、わざわざこの痛みが不安な検査をやって数カ月タイミングはかるよりも次のステップにいった方がいいんじゃないかな」

というやりとりがありました。

 

怖い怖いと思いながらやるのは検査上もよくないし、

もう体外受精に進んでもいい年齢だから、

どこまで妊娠率向上になるか分からない検査を無理やりやる必要性はそう高くはないのでは

ということです。

 

あと、この数年で何か変わっているかもしれないので参考にはできませんが、私の場合少なくとも5年前には異常はなかったわけで・・。

いずれにしても、造影検査は受けないことになり、子宮鏡検査は受けることになったので、次回そちらの検査について書きたいと思います。

 

最後に一つだけ書いておきたいと思いますが、

 

不妊治療は、人それぞれです

 

不妊歴、治療歴、どれくらい早く授かりたいかなどの考え、年齢等々で、やり方は変わってくるので、

是非、かかりつけの先生、あるいは、これから行くかもしれないクリニックの先生に相談してみてください

 

相談といっても短い診察時間でやりとりするのは難しいですよね。

今回の記事が、先生に相談する前に頭を整理するのに少しでも役立って頂ければ幸いです

 

コメント