二人目がほしい。さらに求めたっていい。

一人目妊活のとき、

子連れで不妊治療クリニックにくる人を見ては、

「もう一人いるんだからいいじゃない」

と思っていた時があった気がします。

 

自分自身も、そのときは「一人でいいから授かりたい」そう思っていました。

ほんとは子供はたくさんほしかったのに。

 

今思うと、「もう一人いるんだからいいじゃない」って意味不明ですね。

 

「あなたは美人なんだから、スタイルなんてどうでもいいでしょ」みたいなものですよね。

 

世の中は平等じゃないし、皆いろいろあるし、実現確率の大小もいろいろだけど、

「こうなりたい」っていう目標や、夢や、希望を持つことは自由だし、それに向かってコツコツやってみることは、決して無駄にはならないと思う

 

万が一、実現できなかったとしても、

何かは得られたはず。

 

辛いことや悲しいことがあったときに、私は、「何か得られたはずだよ」なんて人には声かけられたくないし、

「辛さや悲しみの方が得られたものより数億倍だよ!」

と大声出したくなることもあるけど、でも、起こったことや事実は変えられなくて、それを運命と思ってなんとか乗り越えるときに、僅かでもいいから「得たもの」に気付いて、それを胸に、前向きに(最初は横向きでもいい!)やっていきたい、そう思っています。

 

ああすればよかったこうすればよかった

ああしていたらこうしていたら

 

どれだけ、こんな風に思わないように生きていても、行きたくても、これらを全くなくすことはできないけれど、

 

なるべく、減らせるようにしていきたい、と思います。

もしかしたら、結果的によかった、っていうことだってあると思います。

違う道を選択していたら、想いが叶うどころか、もっと悲しいことがあったかもしれないし。

 

 

うまくまとまりませんでしたが、

 

もっと早くから妊活しておけばよかったとか、

もっと早くから二人目妊活できていたらよかったとか、

もっとこうだったら、もっとああしていたら、あのときこうしていれば・・・とか、

 

いろいろ頭をよぎるけど、

 

それはそれで、その中で得たことを大事にして、進んでいきたいと思います。

 

 

単なるつぶやきでした🐣

読んでくださった方、有難うございます🌸

 

 

 

 


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA