妊活中の温活!足の冷えには座布団タイプの「足温器」がおすすめ

その他妊活情報

妊活中の方で冷え性で困っている方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

重度の冷え性の筆者も「温活de妊活」と勝手に名付け、妊娠できるまでは徹底的に冷え性対策を行っています。

筆者は健康管理士一般指導員の資格をもっていますが、温活は冷え性の対策にはなりますが、根本的な解決ではありません。根本的な解決のためには、基礎代謝を上げるあるいは血行をよくするということがあります。

定期的に運動をしたり、病院で相談して漢方等で体質を変えていくなど、いろいろ方法はあると思います。

ただ、根本的な解決にはならなくとも、寒い日は今すぐ冷え性対策したいですよね

この記事は、

・靴下2枚、3枚重ねにしても足が冷たい
・椅子の上で正座をしたりあぐらをかいたりして足を温めようとしても足が冷たい

という方など、足の冷えでお困りの方で、足温器をお持ちでない方向けのものとなります。

 

足温器の種類

足温器は、電気の力で足元を温めてくれるもので、主に以下の2タイプあります。

・ブーツタイプ

・座布団タイプ

それぞれを見ていきたいと思います。

※ブーツタイプ、座布団タイプという言い方は、この分野を取り扱う全ての販売元に共通した正式名称ではない可能性もありますのでご了承ください。

ブーツタイプ

言葉だけではイメージをお伝えし難いので、例を載せます。

以下はアマゾンで電気足温器ベストセラー1位となっている製品になります(2018年11月現在)。

筆者は子供の頃からこのようなブーツタイプを使っていました。

ブーツタイプといっても上記のものと違って、足首までは覆ってくれないものもあります。

冷え性対策には3つの”首”を温めるべきとと言われますが、上記のような足首まできちんと覆ってくれるブーツタイプの足温器は足の冷えに対して最強だと思います

 

3つの”首”は手首、足首、首です。太い動脈が皮膚に近いところにあるため、この3つの”首”を温めると温かくなった血液が流れて体が温まります。

 

足元を温めるという意味でこちらのタイプは最強ではあるのですが、デメリットもあります。それは、足元にしか使えないこと、そして、布団に入れられないことです。

どういったことかも含めて、次の座布団タイプの足温器を見ていきましょう。

 

座布団タイプ

こちらもまずイメージを持って頂くために、一例を出します。

筆者が愛用しているこの座布団タイプの足温器の優れていているポイントは、いろいろな用途に使えるところです。

 

足元を温めるだけでなく

・座布団にして使えておしりを温める

・椅子と腰に挟んでを温める

・ひざにのせて手を入れてひざと手を温める

・寝るときに布団に入れて寝るときも足を温められる

という感じに、いろいろ使えます。

勿論、この足温器の一番の目的は、足を温めることですが、足が温まってきたら、他に冷えている手などを温めることにも使えます。

おしりを温めるのもおすすめです。おしりを温めるというのはあまり経験がない方もいらっしゃると思いますが、かなり気持ち良いですよ。

筆者は職場にもっていっておしりを温めたりしていましたが、もし皆さんの職場でも電源泥棒扱いされなければ?職場で使うのもいいかもしれません。

軽いしくるくるっと丸めれば簡単に持ち運びできます!

ちなみに、どの足温器の購入レビューにも「弱くてあまり温かくない」というような書き込みが少なくとも1件以上は見かける気がしますが、

お風呂の温度と同じで、人によって温度の感じ方が違いますし、ある人はもの足りなさを感じ、ある人は十分温かいという感想になります。

一つ言えるのは、熱いのがお好きな方は満足できないかもしれませんが、やけど等がないようにするためには、温かいな程度が良いのではないかと思います。

 

足温器で節約も?

足元の温活

座布団タイプの足温器がいろいろな用途で使えるという言いでおすすめですが、どの足温器であれ、足元を温めると身体全体がぽかぽかしてきます

足湯に入っていると身体が温まるのと同じですし、筆者としては、足温器は小さな床暖だと思っています。

床暖はあっても、一人で自宅にいるとき、自分のためだけに床暖つけるってちょっと気になったりすることありませんか?

床暖は結構ガス代もかかります。寒い日に足温器が使えば、節約にできるかもしれません。

 

まとめ

今回は、足が寒くてお困りの方に向けた足温器のご紹介でした。

足を温める足温器にはブーツタイプと座布団タイプの2タイプがあり、様々な用途に使える座布団タイプがおすすめです

就寝中は足元も温かくなりますが、寝る前はなかなか足が温まらなくて、足が冷たく眠れないという方もいらっしゃると思います。

とはいえ、ずっとつけているのも電気代がもったいないですよね。

以下のようなタイマー付きタイプもありますので、足温器にご興味がある方は、ご自身にあったものを選んでみてください。

妊活中はなんとか冷えを防いで、「温活de妊活」していきましょう!

ちなみに、冒頭でも述べましたが、冷え性の根本解決の有効な手段ととしては基礎代謝をあげ、血行をよくすることです。養命酒等の漢方での体質改善も有効だと思います。

コメント